金庫購入前にご確認・ご準備すること

 ご確認すること

・使用目的と用途を明確にする
目的に合わせて耐火性能や機能、ロック方式等を検討しましょう。

・設置場所
持ち去りにくさを考慮し、搬入や設置場所に十分なスペースを確保しましょう。
金庫は床に置くことをお勧め致します。住宅用途の長期積載荷重の最低基準は、180kg/㎡となっております。
また金庫の上には、なるべくモノを置かないようご注意をお願い致します。
扉の可動域と開け方向も確認しましょう。詳しくは《搬入経路・設置スペースについて事前確認》をご覧ください。
当ストアでは、 床材の保護を目的とした、ベースボード(ポリカーボネート板)を販売しております。 ベースボードは、金庫の大きさに応じて、種類をご用意しておりますので、ご検討ください。

・収納物のサイズ
金庫に収納したいものの大きさを、予め考えておきましょう。

・操作方法
金庫の操作方法・機能なども確認しましょう。
いくつかの種類のロックタイプがございます。ご利用シーンや使い勝手などを考慮し、ご検討ください。

・インテリア
お部屋のインテリアに合わせてお選びください。

 ご準備すること

・商品納入時または現地調査時の当日は、お立合いと、配送員への設置場所の指示をお願い致します。

・設置場所の十分なスペースの確保・また搬入経路の確保をお願い致します。

・床の保護としてベースマット等を使用される場合は、事前に設置をしてください。
(後からの設置のご依頼はお受けできません。)

・弊社推奨のベースボードを購入された場合、金庫搬入と同時に配送業者が設置致します。

・置き場所が決まりましたら、設置する前に床を掃除しておくことをお勧め致します。

   金庫の設置場所

・一般のご家庭
床がしっかりとしており、目立たない場所がよろしいかと思いますが、ご家庭によって間取りや家具等の設置場所が異なりますので、最終的にはお客様自身でご判断ください。
またロフトへの設置はできません。なお、建築基準法において定められる「住宅用途の長期積載荷重の最低基準」は、180Kg/㎡となっております。

・企業様、事務所など
床がしっかりとしており、目立たない場所がよろしいかと思いますが、企業様によっては、使用目的やレイアウトが異なりますので、最終的にはお客様自身でご判断ください。

・飲食店など
床がしっかりとしており、目立たない場所がよろしいかと思います。油汚れや水濡れ等についてはロックシステムの故障の原因になりますので、ご注意ください。
特に調理場への設置は、ご注意ください。お客様により使用目的やレイアウトが異なりますので、最終的にはお客様自身でご判断ください。

・全てのお客様共通事項
ドアを開ける際の妨げにならないよう、右側スペースに余裕がある場所が良いと思われます。ドアが十分に開かないと、金庫内引出し等の開閉動作に支障が出る可能性もございます。
金庫の右側面上部に「MODEL」番号と「SERIAL」番号の記載されているシールがございます。カスタマー・サービスセンターへお問い合わせの際は、この番号が必要となりますので、いつでもシールを確認出来るような場所への設置をお勧め致します。